麻しん(はしか)の初期対応について

1、罹患歴なし、かつ、ワクチン未接種者はワクチン接種を受けることをお勧めします。
 (なお、上記以外の者については、抗体価の確認の上、ワクチン接種をお勧めします。)

現在の麻しん・麻疹ワクチン(MRワクチン)の接種シュケジュール(定期接種)

            1回目 生後12ヶ月〜23ヶ月
            2回目 小学校入学前の1年間(4/1〜3/31)

2、麻しんと判断された場合は、直ぐに学校に連絡してください。
  麻しん患者が発生した場合は、生徒を通して状況をお知らせしますので
  麻しんの初期対応にご協力をお願いします。
  なお、37.5℃以上の発熱がある場合は、必ず医療機関を受診してください。