2019年3月15日〜19日にかけて第37回全国高等学校女子ソフトボール選抜大会が行われ、昨年夏のインターハイ(全国高校総体/全日本高校選手権大会)、 本校の選手中心で戦った秋の国民体育大会に続き、 このたびのセンバツ(全国高校選抜大会)も優勝し、 連続で全国制覇をなしとげました。


↑ 写真をクリックすると大きく表示されます   ↑ 

 
ソフトボール部監督 池田 紀子


正直、優勝できるとは思ってもいませんでした。
初日のゲーム展開を考えるとよく最終日に残ることができたと思いました。
2日目は少しやれたかなと感じましたが、3日目の2ゲームは何もできない試合でした。押しても引いても開かない扉のように成す術がなくやっとのことで1点取れたというだけの2ゲームでした。 さすがに落ち込みました。立ち直れないほどに・・・。選手の力を引き出すことができない自分の力のなさに腹が立ちました。 しかし言っても仕方がない。 最終日まで残ったのは4チーム・・・全国で4つしかない。これを「何もできませんでした」と言ってはいけないと。
準決勝は夏で対戦した創志学園。相手は絶対負けるものかとかかってくるのは予想できていたので、4点先取した時も4点取られた時も「まあ、そうだよな…」と冷静でした。
勝った時は嬉しかった。やれたと思いました。「あとは決勝は負けられない」という思いだけでした。
本当に勝てて良かった。 応援して下さった多くのみなさんに感謝しかありません。ありがとうございました。


第37回全国高等学校女子ソフトボール選抜大会
3月16日〜3月19日



日程 対戦相手 結果 会場
3/16 延岡学園 5-1
大和中央公園 自由広場B
3/17 済美 6-0
佐賀市健康運動センターA
3/18 高崎健康福祉大学高崎 1-0
大和中央公園 自由広場A

3/18

岐阜女子 1-0
大和中央公園 自由広場B
3/19 創志学園 5-4
佐賀市健康運動センターB
3/19 北九州市立 5-1
佐賀市健康運動センターA
優勝
詳しいトーナメント表はこちらから

第37回全国高等学校女子ソフトボール選抜大会組合せ


 


   ベースボールマガジン社WEBに
     大会の記事が掲載されています。



  ★3月18日掲載
  【ソフトボール】選抜女子のベスト4が決定


  ★3月20日掲載
  【ソフトボール】
  高校選抜女子は兵庫大学附属須磨ノ浦が
  17年ぶり2度目の優勝


       




最新情報のページへ戻る